自分の血圧を測って現状把握

なかなか血圧を測る機会ってありませんが測れるときにしっかりと測って自分の今の血圧を確認しましょう。現状把握がちゃんとできていればいざという時にすぐに対応ができますので血圧は測れるときに測りましょう。

血圧はどの数値からが高血圧?

高血圧は生活習慣病のひとつです。糖尿病や動脈硬化など、様々な疾患のリスクを高める要因にも該当しています。初期段階から治療をすることが重要ですが、あまり目立った初期症状が出ないため、日頃から血圧を計測して、その数値に異変が生じたら即座に医療機関に向かうことが重要です。高血圧の数値は、厳密に定められています。そしてその段階は、様々な疾患などにかかるリスクの高さに応じて、3段階に分類されています。まず軽症I度に該当するのは、収縮期血圧、いわゆる『上の数値』と呼ばれるものが140から159、または拡張期血圧、いわゆる『下の数値』と呼ばれるものが90から99の場合です。次に中等症II度に該当するのは、同じく収縮期が160から179、または拡張期が100から109の場合です。そして重症III度と判断されるのが収縮期が180以上、または拡張期が110以上の場合です。つまりリスクの程度の差はありますが、収縮期が140以上、または拡張期が90以上に保たれた場合が、高血圧と判断されると言うわけです。ただし最近の研究では、収縮期が120未満であるのが生体の血管にとっては負担がかからないレベルであるとも言われています。注意したいのは、この数値が常に維持されている場合のみ高血圧と判断される点です。運動直後などに数値が上昇するのは当然ですし、一過性の数値上昇の危険性は状況によって判断されます。また血圧は、計測する場所、時間帯によって大きく変動するものです。たとえば医療機関などに行くと、自覚していないだけで緊張してしまうと言う人もいます。そのような場合、そこで計測した数値が普段より高くなることは珍しくありません。家庭で計測する場合、朝であれば起床後1時間以内、排尿後、服薬前、朝食前の安静時に座位1~2後に計測する、夜であれば就寝前の安静時、座位1~2分後に計測するようにして下さい。
<高血圧症でお悩みの方>
高血圧症にノルバスクが選ばれる理由
<通販サイトのあんしん通販での詐欺について>
あんしん通販薬局 詐欺
<ACE阻害薬と呼ばれる血圧降下剤>
ペリンドプリルエルブミン
<血圧を下げたいならこの降圧剤>
コバシル